注目の記事 PICK UP!

【必見】バレンタインデーにオススメのチョコ

バレンタインデーに何をあげれば良いのか。

本命の男性や彼氏やラブラブな旦那などにあげるチョコであれば、美味しいものをあげたいという想いが込み上げてくるでしょうが、会社の人たちにあげる義理チョコに関しては考えるのも面倒臭いのではないでしょうか。

義理チョコとはいえ、あげるものによって評価される?!

そんな面倒臭い義理チョコの選定。ただしこの義理チョコの選定次第では貴方の評価は下がる可能性がある。
ただし、こんな面倒臭い作業は簡単に終わらせたいもの。そこで筆者が男性目線でオススメのチョコを選定したいと思います!

重要なのはブランド

義理チョコを貰う側も正直大きな期待をしている訳ではありません。ただ仮に近所の名もなきチョコをあげると、同僚の女性社員がブランドチョコをあげた場合、相対的にアナタの評価が下がる可能性があります。また逆に考えすぎて、マニアックな本格感のあるチョコをあげたとしても、そこらへんに疎い男性にとっては有り難みを感じてもらえない可能性があります。

重要なのはブランド。

男性社員は家に帰って「会社で●●のチョコをもらったんだよ!」と言えればそれでOK。
子供達は「お父さんすごい!」「こんな有名なチョコを食べれるの嬉しい!」というリアクションになるのです。

そういった観点から購入するチョコを選びましょう。

時代はWEBでチョコを購入する時代へ

そんな義理チョコですが、わざわざ駅近のデパートに行くのではなく、事前にWEB上で購入しましょう。デパートで購入するよりも手間・交通費が省けるため、基本的にメリットしかありません。

オススメのチョコはこちら

ゴディバ(GODIVA)

チョコの高級ブランドと言えば『ゴディバ(GODIVA)』というブランドを築き上げている。
どんなにチョコレートに興味がない男性の皆さまも『ゴディバ(GODIVA)』を知らない人はいないのではないだろうか。

これを持って帰った父親は、小さな子供達からのヒーローになることは間違いない。
そんな万能チョコレート『ゴディバ(GODIVA)』をWEBで購入することが可能!
ぜひ、事前に購入してバレンタインデーに持って行くことをオススメします。

購入はこちらから↓

アンリ・シャルパンティエ(HenriCharpentier

男性の皆さまにはちょっとIQ高めの『アンリ・シャルパンティエ(HenriCharpentier)

最も有名なのは「フィナンシェ」ではないでしょうか。
他の女性がチョコレートを渡す中、チョコ以外のフィナンシェを渡すのは男性的に非常に嬉しいです。

価格的にも3個入りで432円(税込)、5個入りで702円(税込)と価格がリーズナブル。

ゴディバ(GODIVA)』に比べると格段に安いですよね。笑

最初に記載しましたが、男性の中では『アンリ・シャルパンティエ(HenriCharpentier)』を知らない人もいるため、渡すときにISETANとかの地下に入っている有名な洋菓子店ですよという風に伝えてください。男性の皆さまは家に帰って、その言葉を元に子供達に自慢することになります。笑

購入はこちらから↓

テリーヌ ドゥ ショコラ

ゴディバ(GODIVA)』でもない、『アンリ・シャルパンティエ(HenriCharpentier)』でもない。もっと知る人ぞ知るチョコレートをあげたい人は『テリーヌ ドゥ ショコラ(Terrine de Chocolat)』をオススメします!

東京・神楽坂にある【カフェ ル コキヤージュ Cafe Le Coquillage】のスイーツで贈り物はお土産に使われています。

フランスヴァローナ社の最高級クーベルチュールチョコレートを厳選100%使用しているケーキで「至高の口溶け」を実現しています。

ケーキ1本4,000円という価格設定で小分けになっている訳ではないので、「部署単位で皆さん食べてください!」的なアプローチで渡すのが良いのではないでしょうか。

購入はこちらから↓

まとめ

冒頭の方で記載しましたが、今やバレンタインチョコレートはWEBで購入する時代です。義理チョコなので悩まずに上記の3種類の中で購入するのが良いではないでしょうか。

上記の中でも個人的には『アンリ・シャルパンティエ(HenriCharpentier)』がコスパ的にもイチオシです! 

[ad#adsense-news-01]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ記事

PAGE TOP