注目の記事 PICK UP!

【旅行】東京観光で柴又に行ってみるのである

[ad#adsense-news-01]

女子とのデートのネタも尽き始めた今日この頃。

この日に目指したのは

柴又‼︎

そう、あの寅さんで有名な街である柴又です。

とはいえ私も寅さんについて詳しくなく寅さんについてはWikipediaをご参照ください

アクセス

電車で行く場合、わずか3駅しかない京成金町線の中間駅の【柴又駅】を目指します。
京成電鉄を使って京成高砂駅から行くか、常磐線を使って金町駅方面から行くかといったアクセス具合。
正直、西側に住んでいる人からするとアクセスは悪い。

クルマで行く場合は観光名所である【帝釈天】に止めたり、近くのコインパーキングに止めることになります。
金額は大体1時間400円ぐらいの金額感のようです。

駅に着くなり寅さんを撮る

駅に着いて改札を出た先には寅さんの銅像が‼︎

そして寅さんの見つめる先には倍賞美智子さんが演じた、さくらの銅像も‼︎

本来は駅側から寅さんの見る先にいるさくらを撮るべきなのでしょうが、
間で色んな人が寅さんを撮っているため上手に撮れない
寅さんの背中側から撮りたいのであれば、人がいない朝イチに行くしかないですね

柴又で1番楽しい参道を満喫せよ

振り返ってみると柴又の1番の楽しみどころは帝釈天までの【参道】

玉こんにゃく、草団子、煎餅などをメインに下町っぽい食べ物を購入できるお店がたくさん。

食べ歩きながら帝釈天を目指すのが、雰囲気的にもインスタ的にもおススメです。

また参道の途中には昔懐かしの駄菓子屋が。

昔懐かしどころか30代前半の私には知らない駄菓子もたくさん。
昔、スーパーでやりまくっていた『ジャンケンマン』もあって久しぶりにプレイ。
大人になったからと言って仕組みがわかる訳もなくソッコーで負ける

柴又帝釈天はものの数分で終わる

参道の先にあるのが【柴又帝釈天】。

柴又と言えば帝釈天、帝釈天と言えば柴又らしいのですが、

正直みるところがない。

入り口みて、賽銭箱に賽銭をいれて。

以上、終了。

神社に興味がある人でないとなかなか観光地としては厳しいのかも知れません。

観光といえばメシ

せっかく柴又に来たのだから柴又の食べログ上位店に行きたい!と思って訪問したのが【日曜庵】

13時ごろというピークタイム後ぐらいに訪問したのですが、行列ができており1時間ほど待って入店。

せいろ” “鴨の鉄板焼きをオーダー

もっと詳しい情報はこちらから御確認ください!

柴又のインスタスポットは山本亭

次に向かったのが庭園の綺麗さが外国人の方々にも評価されているという【山本亭】

この庭園を眺めながら抹茶とお菓子を嗜むのが、それはまた贅沢。

詳しくはこちらからご確認を!

最後はまとめの動画

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=nz_R2isFAEw&feature=youtu.be” /]

[ad#adsense-news-01]

関連記事

  1. 【鋸山】 神デートプラン:”都内近郊で自然を味わえるユルユルデート” その2

  2. 【旅行】大洗磯前神社に行ってきた

  3. 【最高のデートプラン】西伊豆編(堂ヶ島・ヒリゾ浜・多々戸浜)version1

  4. 【旅行】旅行の際には便利なトリバゴで比較するべき

  5. イビサ(IBIZA)への行き方 楽しみ方 version1

  6. 【成田空港】カッコイイ大人の成田空港への行き方

  7. 【キャンプ】 PICA富士西湖 1日目

  8. 【旅行】ホテル日航高知 旭ロイヤルに宿泊してみた

  9. 【沖縄】カッコイイ大人の沖縄旅行 version1(国際通り / 栄町 / CLUB / Epic…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ記事

PAGE TOP