注目の記事 PICK UP!

【初心者】弾丸登山! 富士山! 吉田ルート!

[ad#adsense-news-01]

富士山に登る!!そして御来光をみる!!

と、登山2ヶ月前に決意し色々調べてみる。

参考にしたサイトはこれ

色々調べてみた中で参考にしたサイトはこちら

まず道具を揃える

昨年から登山に興味を持った私はふるさと納税で道具を集めることに。

昨年・今年と「還元率が50%mont-bellバウチャー」を取り扱っている
長野県小谷村10万ずつ寄付し、10万円分のバウチャーをゲット。
mont-bellバウチャーの記事はこちらから

そのmont-bellのバウチャーで購入した
弾丸登山@富士山の必須道具を紹介します。

ヘッドライト

これは必要不可欠。

「弾丸登山している人がいっぱいいるから人のライト頼れば大丈夫でしょ」
と正直思っていたのですが、出発時刻が22時ということもあってか

7合目までほとんど人がいない

真っ暗で足元も不安定なのでヘッドライトは必須

※オススメの【パワーヘッドランプ】
ライトの段階を選べて電池持ちも良い

 

レインウェア

今回雨が降らなかったものの、こちらも必須アイテム

標高の問題で夏でも寒いため、ここで雨をかぶってしまうと
想像しただけで寒くて萎えます。

※予算があるなら【ストームクルーザー】
GORE-TEXで防水・軽量は間違いありません。

※もうちょっと出費を下げたいなら【レインダンサー】

※あればいいんだよ!という人は【サンダーパス】

 

携帯酸素

携帯酸素は必須持ち物でしょう。

初めて富士山に登ったときに高山病になりツラさを知っていたため
今回は高山病になる前に休憩ポイント毎に酸素を注入

この行為の効果なのかは知らないが、今回は高山病にならずに済みました。

※オススメは【ポケットオキシ 圧縮型酸素ボンベ 10L】
よく見る大きな酸素ボンベは5L。
つまり容量が増えた上に大きさはかなりスリムになっている優れもの

防寒着

登山中はレインウェア+長袖のシャツ+タイツ+ハーフパンツという格好だったのですが、
本八合目ぐらいまでは、動いているうちは寒くなく問題なし

ただ、標高が上がること、道が込み合うこと、御来光を待つことを考えると
厚手の防寒着は持っておいた方が良いでしょう

エナジードリンク

夜通し歩くとさすがにお腹がすきます。
体力的にもエネルギー補充を途中でするべきです。

※絶対的にオススメなのが【ウイダー】

基本的に上記のものがあれば最低限登ることはできるかな、と。

[ad#adsense-news-01]

御来光を見るなら何時に出発すべきなの?

結論から言うと

個々人の体力面を考えると一概に何時に出発すればよいとは言い難い!

ということを前提に私の話をひとつの参考にして貰えればと思います。

ちなみに私の体力は
富士山の登山経験はあるものの19歳に登って以来の10年振りの29
ここ1年運動をまったくと言っていいほどしてなかったので体力面には不安あり。

男性2人、女性2人で行ったのですが、
常に最後尾をついて行くスタイルで女性2人の方が足取り抜群といった感じです。

日の出の直前に到着すべし

参考にしたサイトでは
山頂到着予定時刻が330となっていて
私が登った日の日の出時刻 450

つまり、80分も山頂で御来光を待つことになります。

山頂は防寒着が必要なほど寒いため
個人的には御来光15分前ぐらいに到着するのがベスト

今回、吉田ルートを使い22時に5合目を出発

休憩所が頻発する吉田ルートに甘え、休憩所の度に休憩をするぐらいの回数休憩をとっても
御来光に間に合うといったスケジュール感。登りには7時間かかりました。

5合目で低酸素に体を慣らすことも加味して、20時過ぎまでに5合目に到着
1時間ほど時間をかけて低酸素に体を慣らし、21時半ごろにスタートすれば十分かと思います。

ルートはどのルートがよいの?

御来光&初心者ということを考えるなら断然【吉田ルート】がオススメ。

まず、初心者に優しいという点で、

しつこいほど休憩できる場所が多く、
休憩所の度に10分ほど休憩を取っていたら全く高山病になりませんでした。
(他の登山客でなってそうな方はいらっしゃいましたが)

次に御来光という観点で

【吉田ルート】は山頂でなくてもルート上から御来光を見ることが可能。
妥協して8号目とかで御来光を見ることができるのは魅力的

一方、【富士宮ルート】は山頂まで行かないとキレイに御来光は拝めない。

10年前にこちらのルートを使って登ったのだが、
休憩所が〇号目毎にしかない印象で、逆に休憩無しでスタスタ登ることができた。
そして高山病になったww

安全性を加味しても【吉田ルート】がオススメです。

[ad#adsense-news-01]

カッコいい大人の旅路を共有

最後にバタバタの弾丸登山の一部始終を共有させていただきます!

仕事を無理矢理早く終わらせ、都内某所に18時に集合
プレゼン作業だったり、接待だったりで2日間あまり寝てないなーと思いながらも
自分を信じて富士山に出発!

北麓駐車場から【吉田口】に向かうシャトルバスの最終便(20時発)に乗るつもりだったのだが
都内の渋滞に巻き込まれて全然間に合わない!笑

結局、北麓駐車場に着いたのが2030ぐらい。
北麓駐車場の駐車料金は1,000円でした。

ということで、シャトルバスには間に合わず、タクシーを使うことに。

北麓駐車場にタクシーいるのかな?呼ばなきゃなのかな?とか色々考えてましたが、
私たちみたいな登山客を狙ったタクシーの方々がいっぱいいるので、自ら呼ぶ必要はありません

待っているタクシーに乗って、いざ5合目まで。

自動車道の利用料金も含めて12,000ぐらいかかります。

5合目に到着したのが、2120分ごろ。22時まで低酸素に慣れるべく時間を使い、いざ出発。

道中特に何もない

特にトラブルもなく、
休憩所のたびにしっかり休んで、ゆったりゆったり進む。

【吉田ルート】はホントに休憩できるところが多く全然進んだ気にならないのですが
ゆったりペースでも7時間かければ十分着きます。

景色が変わってくるのは本8合目あたりから

まず休憩所がかなり開けていて、ひと段落を感じるでしょう。

そしてホントに道が混み始めるのもこの辺り。

それまで何度か渋滞を経験することになるとは思いますが、
8合目から山頂まではほぼ渋滞

2列になってゆるりと歩いて行くことになります。

日の出45分前ぐらいから絶景が!

9合目を越える辺りから、日の出に向けて絶景が垣間見え始めます。

「もしかしたら山頂に辿り着く前に日の出を迎えてしまうかも!」

という強烈な不安に駆られて
日の出40分前に9.5合目ぐらいにあたる所で写真撮影場所を確保!

もうこの時点で幻想的な雰囲気
この風景を見に富士山に登ってきたのだ….と言っても過言ではない。

ただ気温も低く、ずっとこのママ待っているのも正直寒く
低体温症になってしまう人も多いみたい

ということで頂上を目指して再度登り始めます。

徐々に明るくなっていく空。

そして御来光

ものすごく美しく 、富士山は2回目の登頂なのですが
前回は朝から夕方にかけて登ったため、この御来光は見ることができず。

富士山に登るのであれば、
確実に御来光を目指して登った方が良いと思います。

頂上でバーナーとか使えません!

本当に留意しておいた方が良い情報として、
富士山ではバーナー等を使うことが禁止されています!

つまり大量の水を持って頂上でカップラーメンを食べようとしても食べれず
無駄に重い荷物持って登ることになるのです…

そんなことも知らずに水とバーナーとカップラーメンを持って上がった私。
頂上で誰も食べてないことを見て空気を察しスマホで調べて事実を知るという。。。

ただ頂上には山小屋があり
お金を払えばラーメンでもビールでも何でも食べれます。笑

そして下り!

下りは日が登っているので景色を見ながら楽しく下ります。

下りはサクッと3時間ぐらいで終了。

まとめ

弾丸登山はキツイと言われていたが、そんなに辛さは感じない

ただしっかりとした準備はすべき。

富士山に登るのであれば確実に御来光を見るべき

バーナー等は持っていかない。荷物は最小限に

[ad#adsense-news-01]

関連記事

  1. トレッキングシューズを安く買う方法!!

  2. OMM JAPAN 2016 SHINANO OMACHI November 12th-13th /…

  3. 【アクティブ男子/登山】三ツ峠を登る‼︎

  4. 【登山】モンベル ( mont-bell ) を安く買う方法(カッコイイ大人のアクティビティ)

  5. 【挑戦】雪山初心者必見!雪山初心者だが、武尊山登ったったー!

  6. 【登山】日本百名山制覇を目指す登山プロジェクト #4 至仏山

  7. 【挑戦】これが絶景!初心者必見!初の雪山登山に挑戦!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ記事

PAGE TOP