注目の記事 PICK UP!

【Aman Tokyo】アマン東京でアフタヌーンティーを堪能してきた!! the lounge by aman(ザ・ラウンジ byアマン)

女性の友人たちがこぞってインスタにあげていた【アフタヌーンティー】
以前は3ヶ月待ちというぐらいに訪問できませんでしたが落ち着いてきた印象。

私の誕生日ということもあり
【Aman Tokyo】の【the lounge by aman】に行ってきました!

【アマン東京】は大手町駅が最寄駅。
外観は高層ビルのような見た目で1回の受付を通って33階のラウンジを目指します。

予約をしている旨を伝えると席に案内してくれました。
丸の内の1等地の33階からは東京を一望することができます。

まずは飲み物をオーダーします。
トータル時間は2時間半で、ドリンクは30分前がラストオーダーになるのですが、
それまではアルコールを除くとフリーフロー。
メニューはこちら。

最初にシーズナルアイスティーである
“メルティーウィンター”をオーダー

ツレは“ジャスミンティー”をオーダーしました。

フリーフローなのでその後
カフェラテやアイスコーヒー、最後にカモミールなどもいただきドリンクを堪能できました。

総じて香りが強く
さすが高級ホテルのラウンジ。レベルが高いと言った具合です。

そしてお待ちかねの食事へ。
全容を知るためにメニューをご覧ください。

そして次に全容の写真

ここから細かくいきます。
まずは上段から“フレッシュブルーベリーを入れたチョコレートバッグ”

バッグの中のブルベリーをフォークで1つ1つ食べ、
さらにバッグの中にあるナッツを食べた後に最後にチョコレートのバッグを食べる。

“ブラジル産カカオ62%チョコレートとライムキャラメルのハイヒール形ボンボンショコラ”
これはTheチョコレートで完全に甘い。

”ダイヤモンドの器と柚子のハートドフリュイ”
完全に見えづらいがチョコレートバックの後ろにコソッと写っているものです。

次に中段。

“苺のマカロン”
これは想像しやすい味。苺の質がよく、苺の酸味とマカロンの甘みのバランスが良い。

“パンナコッタ キウイソース”

“洋梨と焙じ茶のシフォンケーキ”

そして下段。

“スモークサーモンサンドイッチ ブラックディルソース”

“鴨と茸のラップサンドイッチ チーズエスプーマ”

“ポークリエットの最中”

“アーティチョークとアンチョビの竹炭コーン”

と、ここまでが3段組になっているメインどころ。

その他にも
“プレーンと抹茶のスコーン”

“ネーブルオレンジとクランベリーのジュレ チョコレートハット”がありました。

と、一通りメニューの紹介は終わりましたが
総じてコメントをすると

まずボリュームは抜群。
私が行ったのは16時で2時間半の利用で18時半までだったのですが、
ランチを早めに食べたからよかったものの、かなりのボリュームがあったため
訪問する時間によってはランチ代わりに訪問しても良いかもしれません。

味に関しては1つ1つの料理・デザートが丁寧で満足。
ただ上段のチョコレート系は甘いの一辺倒なので、極端に甘いものが嫌いな人はツレの方にあげましょう。
インスタ映え・写真映えは間違いなし。

そしてお店の雰囲気も抜群。
33階から見える景色は富士山と東京の街並みが両立している贅沢な景色。
天井が高くて高級ホテルの雰囲気がこれでもかというほど漂っていて
私が行った時間は琴の生演奏がされていて最高のBGMでした。

最後に金額。
やはり4,900円とサービス13%は高い。

ただ、これほどの雰囲気とインスタ映えの写真が撮れることも考えると
1度は行ってみる価値のある場所だとは思います。

関連記事

  1. 【虎ノ門】あんぷく 虎ノ門ヒルズ店

  2. 【山口・川棚温泉グルメ】元祖瓦そば たかせ 東本館

  3. 【恵比寿】でんらく

  4. 【等々力】しゅういち

  5. 【新宿 新宿御苑前】ハンバーグ ウィル

  6. 【沖縄グルメ】空港食堂 (クウコウショクドウ)

  7. 【銀座】 俺のフレンチ 銀座本店

  8. 【桜新町】ニューオールド (NEWOLD)

  9. 【宇都宮】香蘭 (コウラン)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ記事